2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東北大学医学部、半田康延名誉教授の嘘ではないか。 | トップページ | 国民の皆様へ。典型的なえん罪事件(警察・検察)の筋書きで有罪にされました。 »

2020年1月10日 (金)

東北大学医学部・半田康延名誉教授は、真実を書くべきではないか。

私は学歴が無いので、名誉教授とは何であるか調べてみました。

名誉教授とは、大学教授として多年勤めた者で、特に教育・研究功績があったとして、大学がその退職後に贈る称号

成るほど私の様な俗人にとっては、素晴らしい称号なんであると関心しました。

さて、本論に戻ります。

「真実のカルテ」44頁より
X(守大助さんです。)は、平成十一年に北陵クリニックに准看護士として採用になった。
看護婦の出入りが激しく、なかなか員数が確保できないということから、ある人物の紹介で入ってきた。

ある人物等と書かないで、自分の愛人と書けば真実になるのです。

自分に都合の悪いことを、真実を書かない事はいかにこの本がデタラメなことか理解出来ると思います。

なお、このブログの最近の記事を読む場合は、左側のカテゴリーの「裁判」をクリックしてください。

 

 

« 東北大学医学部、半田康延名誉教授の嘘ではないか。 | トップページ | 国民の皆様へ。典型的なえん罪事件(警察・検察)の筋書きで有罪にされました。 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北大学医学部、半田康延名誉教授の嘘ではないか。 | トップページ | 国民の皆様へ。典型的なえん罪事件(警察・検察)の筋書きで有罪にされました。 »