2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 土橋 均の鑑定は、デタラメで科学を知らない馬鹿である。(仙台北陵クリニック事件) | トップページ | 土橋鑑定人の法廷での偽証と裁判官、検察官の「犯罪捜査規範」を知らない喜劇。 »

2020年1月 3日 (金)

仙台北陵クリニック事件 日本法中毒学会に2013年2月11日照会をしました。あれから6年経ちました。

 いまだに日本法中毒学会から回答は来ていません。

 科学者の集まりである学会が、土橋 均氏を名誉会員としている以上、当時の照会内容は肯定しているのでしょうか。

 それとも、回答が出来ない理由があれば、その理由をお答えする事が必要だと思いますがいかがでしょうか。

 

 

 

━━━━   日本法中毒学会 JapaneseAssociationofForensicToxicology   ━━━━

鈴木 善輝 様

この度はお問い合わせいただきまして、ありがとうございます。
お問い合わせいただいた内容に関しまして、運営事務局より改めてご連絡させていただきますので、回答までもうしばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願い致します。
※内容によっては数日かかることもございますので、予めご了承ください。
Thank you for your message.
We will carefully read your message and respond to it as soon as possible.
Please give us a moment to answer.
※Please note that depending on your request, it may take a while to answer.

お問い合わせ内容 Message=========

氏名: 鈴木 善輝
Email: 


私は、十数年前宮城県で起こった筋弛緩剤マスキュラックスによる殺人、殺人未遂事件を調査研究しているものです。
当時、大阪府警科捜研の土橋吏員が、貴、日本法中毒学会の1999年Vol.17 No2の116ページに掲載されている「ESI-LC-MSによる筋弛緩薬パンクロニウム、ベクロニウムの分析」の一般講演について、現在でも正しい内容だと了解していらっしゃるのでしょうか。
具体的には、ベクロニウムのマススペクトルで、m/z258が出現していることは、あり得なく変化体を誤って出現したとした発表だと思っているものですから、貴学会の見解をお伺いしたく照会するものです。
なお、ベクロニウムの分子量は、科学技術振興機構の資料では、557.84になっております。


==================================
今後とも、日本法中毒学会 JapaneseAssociationofForensicToxicologyをよろしくお願い致します。
We hope you enjoy our service.


※こちらのメールアドレスは送信専用となっております。
ご返信頂いても返答出来ませんので、予めご了承下さい。
※This mail address is only for sending.  Please note that we cannot respond to your reply.

なお、このメールに心当たりのない場合やご不明な点がある場合は、
お手数ですが下記、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
If you have any questions or do not recognize this mail, please contact us from page below.


https://kenkyuukai.jp/contact/index.asp
※平日10時~18時(土日祝日はお休み)
https://aca-med.net/contact/index.asp
※Mon-Fri 10am~18pm (Unavailable: Sat, Sunday, Holidays)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『学会研究会jp』    https://kenkyuukai.jp/
『AcaMed』(English) https://aca-med.net/
copyright(c) M PLUS Corporation All right reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

誠に残念ながら、いまだ回答はきておりません。

« 土橋 均の鑑定は、デタラメで科学を知らない馬鹿である。(仙台北陵クリニック事件) | トップページ | 土橋鑑定人の法廷での偽証と裁判官、検察官の「犯罪捜査規範」を知らない喜劇。 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土橋 均の鑑定は、デタラメで科学を知らない馬鹿である。(仙台北陵クリニック事件) | トップページ | 土橋鑑定人の法廷での偽証と裁判官、検察官の「犯罪捜査規範」を知らない喜劇。 »