2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東北大学医学部は20世紀の過ちを今後も残して行くのでしょうか。(最高裁の決定は東北大学医学部の過ちは歴史に残るのである。) | トップページ | 日本が世界に誇る薬毒物分析の最高権威? 土橋 均氏のプロフィールと業績 »

2019年11月30日 (土)

最高裁判所に異議申立書を提出しました。

ダウンロード - igimoutatesyo.pdf

このコメントは、追加しますが取り急ぎお知らせ致します。(2019/11/30 23:55)

 最高裁判所(以下最高裁)は、去る2019(令和)元年11月13日、再審請求の却下決定を出しました、理由は三行半の文章で、条文で説明して何ら具体的却下理由は読み取れません。

何故理由を書くことが出来なかったのかと言えば、具体的に書けば再審開始せざるを得なかったのです。

 弁護団は、最高裁の決定を受理してからから3日以内に異議申立書を提出するため、緊急に準備をして提出したのが、別添の異議申立書です。

 私達守大助さんの再審無罪を勝つ取る為には、今後も弁護団と協力して、最高裁の不当な決定を明らかにして闘って行きますので、国民の皆様のご支援をお願い申し上げます。

 今後の戦いと勝利する展望について

第1に、弁護団が記載しているとおり大阪府警察本部刑事部科学捜査研究所の土橋鑑定が筋弛緩剤の質量分析を行って出たとされるベクロニウムは、世界的にも認められない噴飯物で全く別なものを持って筋弛緩剤としたことは明らかに間違っていることを、最高裁は化学の知識が無く理解出来なかったことを、明確にして行きます。

第2に、A子ちゃんが、東北大学医学部麻酔科教授の証言を根拠に、筋弛緩剤で急変したとしているが、医学的にあり得ない証言を採用して、裁判官は医学的知識も無く理解出来なかったことを明確にして行きます。

 なお、A子ちゃんは、今回の最高裁の決定によって、いまだかつ弁護団が提出した神経内科池田正行教授の診断鑑定書ミトコンドリア病(メラス)を無視して治療が出来なくて、すでに19年も意識が回復しないで寝たきりになっております。
 裁判所は、化学と医学の知識を理解しないでいるなら、もしこのまま死亡したら、裁判官は、誤審によってA子ちゃんを殺すことになるのです。

 なお、私はこの事件は、警察・検察・東北大学医学部・北陵クリニックの陰の経営者半田康延元東北大学医学部教授により、捏造された事件である事を確信しているものです。

(2019/12/03 8:17)

 

 

 

 

« 東北大学医学部は20世紀の過ちを今後も残して行くのでしょうか。(最高裁の決定は東北大学医学部の過ちは歴史に残るのである。) | トップページ | 日本が世界に誇る薬毒物分析の最高権威? 土橋 均氏のプロフィールと業績 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北大学医学部は20世紀の過ちを今後も残して行くのでしょうか。(最高裁の決定は東北大学医学部の過ちは歴史に残るのである。) | トップページ | 日本が世界に誇る薬毒物分析の最高権威? 土橋 均氏のプロフィールと業績 »