2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鈴鴨看護主任の偽証について | トップページ | 郁子医師は「手が震えてうまくゆかないと感じ」採血が出来なかった。 »

2013年5月 6日 (月)

警察官は深夜は証拠を領置しない。

検察の論告要旨P20より
・・・・・・・・そこで、T警部は、翌5日午前零時30分ころ北陵クリニックに呼んだS婦長に確認し、針箱、通常手術室前室に置かれたいることはなく、使用済注射針を捨てる医療廃棄物容器であり、通常針箱に空の薬剤アンプルを捨てない旨の説明を受け、被告人が証拠隠滅の目的で当夜針箱を持ち出そうとしたとの疑いを深め、それまでI医師から相談を受けていた患者の容体急変を捜査すべきと判断し筋弛緩剤等の空アンプルが入れられた針箱は重要な証拠となるので、これを証拠化しようと考えたが、既に深夜であったことから、その証拠化手続きは翌日行うこととし、半田教授および郁子医師にその2つの針箱の保管を依頼して県警本部に戻った。・・・・・・

このように、重要な証拠となるものを、深夜だという理由で当事者に保管を依頼して帰る等ということは、警察官として全くあり得ない不可解な行動といわざるをえません。しかも針箱の在中物も確認していないのです。在中物の確認は翌日行っていることも信じられないです。

論告要旨P20
・・・・・・・・・そして、O警部補は、同月5日、その2つの針箱の任意提出を受け領置し、県警本部でその在中物を確認した結果Mサイズの針箱には、電極、探査針、縫合針、注射針ケース等の針類等、Sサイズの針箱には、針類等のほかに、マスキュラックスの空アンプル19本、サクシンの空アンプル8本、ドルミカムの空アンプル4本等薬剤のアンプルが多数在中しているの確認した。・・・・・・・・・

全国の警察官に聞きたいくらいです。「貴方は、重要な証拠は、深夜は領置しませんか。?しかも内容物も確認しないで保管を頼みますか。?」と、こんな警察官は、どこにもいるはずがないと思います。しかし、この事件では、あり得ない警察官がいたのです。

これは、明らかに作為的に証拠の改ざんを出来る時間を作ったと推認出来ます。

« 鈴鴨看護主任の偽証について | トップページ | 郁子医師は「手が震えてうまくゆかないと感じ」採血が出来なかった。 »

北陵クリニック事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182856/11626953

この記事へのトラックバック一覧です: 警察官は深夜は証拠を領置しない。:

« 鈴鴨看護主任の偽証について | トップページ | 郁子医師は「手が震えてうまくゆかないと感じ」採血が出来なかった。 »