2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 郁子医師は、M子ちゃんを適正な診断から必要な投薬治療を行ったのでしょうか | トップページ | 検察官は推理作家か。警察の言い分を鵜呑みにし、推理、推理で推論したのです。 »

2013年3月31日 (日)

判決文の誤りは、これからも掲載して行きます。

 これまでも、確定判決の誤りを掲載してきましたが、この事件が、真犯人もいなければ、証拠も何一つ法廷に出されないで、警察、検察によりねつ造された「事件」なのです。

 従いまして、これからも確定判決の誤りを明らかにしてゆきますが、あまりにも誤りが多いことで、時間がかかると思いますが、出来るだけ早く掲載したいと思っています。

 なお、多くの方が逮捕後自白したことをもって、地元では当時連日報道された影響もあって、今でも守大助君が犯人だという思いが残っています。全国でも同様に思われている方もおります。私自身も、当時は新聞テレビの報道で「こんな非道な人間は極刑に処するべきだ。」と思っていた一人です。

 すでに、自白については掲載しておりますが、これからも掲載してゆきます。最近再審無罪を勝ち取った、布川事件の桜井さん、杉山さん、足利事件の菅家さん方々も全て警察の強引な取り調べから自白を強要されているのです。自白が有力な証拠として、有罪判決が出されたことを忘れないでください。

« 郁子医師は、M子ちゃんを適正な診断から必要な投薬治療を行ったのでしょうか | トップページ | 検察官は推理作家か。警察の言い分を鵜呑みにし、推理、推理で推論したのです。 »

北陵クリニック事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 判決文の誤りは、これからも掲載して行きます。:

« 郁子医師は、M子ちゃんを適正な診断から必要な投薬治療を行ったのでしょうか | トップページ | 検察官は推理作家か。警察の言い分を鵜呑みにし、推理、推理で推論したのです。 »