2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 真犯人はいない事件 | トップページ | 土橋均吏員(現大阪医大准教授)の虚偽の原点。 »

2013年2月17日 (日)

土橋均吏員(現大阪医大准教授)の偽証。

                              (証人尋問調書 第25回公判調書21頁)
主任弁護人 このAさんに関する事件の概要を説明する記載の中に、被疑者、
被疑者は、守大助君の名前が当然出てたかと思うんですが、その被疑者が被害者とされる人に投与した薬剤についが、明示されていませんでしたか。
土橋証人 
いや、覚えてないです。余り読んでないですね。そういうところは。
主任弁護人 読まないものなんですか。
土橋証人   
読まないです。
               (証人尋問調書 第25回公判調書22頁)
主任弁護人 最後に確認なんですけども、Aさんの事件で被疑事実としてとらえられているものが、マスキュラックスにもう限定されている、鑑定嘱託をする段階でね、被疑事実として、宮城県警はマスキュラックスの混入事件だというふうに考えていることについて、特段の理由の説明等はうけていないとお聞きしていいんですね。
土橋証人  そうです。今、始めて聞きました。

                               (証人尋問調書 第25回公判調書38頁)
主任弁護人 そして、最終的には、今回提出されているような鑑定書が作成されるに至るわけだと思うんですが、この鑑定書の内容に付いては、証人ご自身控えのようなものは作成しますか。
土橋証人  作成します。
主任弁護人 いわゆる正本だけを交付するということになるんですなね。
土橋証人   そうです。
                         (証人尋問調書 第25回公判調書39~40頁)
主任弁護人 ちなみに
前のその文章の部分をワープロなんかを用いて作成したのは、証人という御証言でしかが、これは間違いないんですね。
土橋証人  はい。
主任弁護人 その作成には、西川さんは署名以外は特にかかわっていない、というふうにお聞きしていいんですか。
土橋証人  いや、内容も二人で大体考えたものです。
主任弁護人 細かい話ですけど、ワープロの入力を証人がなさった。
土橋証人  そうです。
主任弁護人 プリントアウトも証人がなさったと、こういうことですかね。
土橋証人  はい。

 平成13年2月23日付けのMさんの鑑定書、Aさんの鑑定書には、事件名・発生場所・被害者の氏名・被疑者の氏名が明記された鑑定書が作成されております。

 それを作成したのは土橋吏員が自分だと証言しているのに、「覚えてない」とか「今、始めて聞きました。」とか言っておりますが、鑑定書を書くとき、被疑者の氏名を、守大助と何を根拠に書いたのでしょうか。

鑑定書は自分でワープロで作成したと証言しています。これほど明白な偽証はありません。

「kantei_hyousi.pdf」をダウンロード

 これでは、鑑定書の原稿が作成されており、必要な部分を記入して作成し、署名押印したとすれば、鑑定をしないで、鑑定書を作成することも可能ですし、当時多忙だったと証言していながら、全ての毒物も鑑定したと言うことも、虚偽であったと推認できます。

« 真犯人はいない事件 | トップページ | 土橋均吏員(現大阪医大准教授)の虚偽の原点。 »

北陵クリニック事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182856/56784490

この記事へのトラックバック一覧です: 土橋均吏員(現大阪医大准教授)の偽証。:

« 真犯人はいない事件 | トップページ | 土橋均吏員(現大阪医大准教授)の虚偽の原点。 »