2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月19日 (火)

検察官のろうばい。

土橋吏員の証言は、真実か、偽証か。

 (証人尋問調書 第24回公判調書22~23頁)
検察官   ところで、各鑑定書を読みますと、鑑定資料は、全量消費したという記載がありますが、これは、どのような意味なのでしょうか。
土橋証人  それは、すべて鑑定に使用したということです。
検察官   鑑定資料を鑑定に使用したと、そういう意味ですか。  
土橋証人  はい。
検察官   なぜ、鑑定資料を全量使用したのでしょうか。
土橋証人  それは、分析に必要だったからです。

    (証人尋問調書 第25回公判調書43頁)
検察官   そうしますと鑑定書に記載されているのは、資料の一部だけを抽出操作をしたというのは、全体を通じて一部しか使わなかったという趣旨ではなくて、同じような操作を複数回やることによって鑑定資料は結論としては全量消費したと、こういうふうに読むべきものなんですね。
土橋証人  そうです。

   (証人尋問調書 第26回公判調書10頁)
主任弁護人  残りはどいうなりますか。
土橋証人  残りは、ですから数マイクロありますけど、誘導出したもの残しておいてもしょうがないから、いつも分析終わったら放りますけど。薄層はもう全量使用してます。
主任弁護人 今、放ります、とおっしゃったのは、
余りは捨てるという意味ですか。
土橋証人  
そうです。
主任弁護人 
それを取っておいて、再鑑定のために使う試料にしよう、ということは考えないわけですか。
土橋証人  
分解等しますので、置いておいても、正確な検査ができるとは考えられませんので、そういう考えはありません。
主任弁護人 そこまで手を掛けてしまったものは、保存しておく意味があまりないということですね。
土橋証人 
 はい。

 土橋証人は、これほど具体的に鑑定試料を全量消費したと証言していたのに、検察は2013年12月20日、意見書で、試料残渣を持ち出し、これまでベクロニウムの未変化体はm/z258だと言ってきたことを覆し変化体でしたと180度転換し、さらに試料残渣を分析したら、m/z279が出ましたと、確定判決を覆す意見書を出してきたのです。
今回試料残渣等ということを持ち出した以上、速やかに再審開始をして、土橋証人の尋問を行い確定判決当時の、法廷での証言と、矛盾している点の説明を求めるべきです。

 

2013年2月17日 (日)

土橋均吏員(現大阪医大准教授)の虚偽の原点。

 土橋吏員が、ベクロニウム標品のベクロニウムのエレクトロスプレーイオン化におけるベースピークであるm/z258をプリカーサイオンとした誤りの原点である「法中毒」の講演要旨を掲載します。

「houtyuudoku.pdf」をダウンロード 

なお、以前も掲載しました、臭化ベクロニウム・ベクロニウム・3αーOHベクロニウム・3α,17βーOHベクロニウムについて、再度掲載します。

「vecuronium_bromide_1.pdf」をダウンロード 

土橋均吏員(現大阪医大准教授)の偽証。

                              (証人尋問調書 第25回公判調書21頁)
主任弁護人 このAさんに関する事件の概要を説明する記載の中に、被疑者、
被疑者は、守大助君の名前が当然出てたかと思うんですが、その被疑者が被害者とされる人に投与した薬剤についが、明示されていませんでしたか。
土橋証人 
いや、覚えてないです。余り読んでないですね。そういうところは。
主任弁護人 読まないものなんですか。
土橋証人   
読まないです。
               (証人尋問調書 第25回公判調書22頁)
主任弁護人 最後に確認なんですけども、Aさんの事件で被疑事実としてとらえられているものが、マスキュラックスにもう限定されている、鑑定嘱託をする段階でね、被疑事実として、宮城県警はマスキュラックスの混入事件だというふうに考えていることについて、特段の理由の説明等はうけていないとお聞きしていいんですね。
土橋証人  そうです。今、始めて聞きました。

                               (証人尋問調書 第25回公判調書38頁)
主任弁護人 そして、最終的には、今回提出されているような鑑定書が作成されるに至るわけだと思うんですが、この鑑定書の内容に付いては、証人ご自身控えのようなものは作成しますか。
土橋証人  作成します。
主任弁護人 いわゆる正本だけを交付するということになるんですなね。
土橋証人   そうです。
                         (証人尋問調書 第25回公判調書39~40頁)
主任弁護人 ちなみに
前のその文章の部分をワープロなんかを用いて作成したのは、証人という御証言でしかが、これは間違いないんですね。
土橋証人  はい。
主任弁護人 その作成には、西川さんは署名以外は特にかかわっていない、というふうにお聞きしていいんですか。
土橋証人  いや、内容も二人で大体考えたものです。
主任弁護人 細かい話ですけど、ワープロの入力を証人がなさった。
土橋証人  そうです。
主任弁護人 プリントアウトも証人がなさったと、こういうことですかね。
土橋証人  はい。

 平成13年2月23日付けのMさんの鑑定書、Aさんの鑑定書には、事件名・発生場所・被害者の氏名・被疑者の氏名が明記された鑑定書が作成されております。

 それを作成したのは土橋吏員が自分だと証言しているのに、「覚えてない」とか「今、始めて聞きました。」とか言っておりますが、鑑定書を書くとき、被疑者の氏名を、守大助と何を根拠に書いたのでしょうか。

鑑定書は自分でワープロで作成したと証言しています。これほど明白な偽証はありません。

「kantei_hyousi.pdf」をダウンロード

 これでは、鑑定書の原稿が作成されており、必要な部分を記入して作成し、署名押印したとすれば、鑑定をしないで、鑑定書を作成することも可能ですし、当時多忙だったと証言していながら、全ての毒物も鑑定したと言うことも、虚偽であったと推認できます。

2013年2月16日 (土)

真犯人はいない事件

 この事件を調べている方の中に、「守大助さんが犯人でなければ、誰が犯人か。」と思っている方がいらっしゃいますので、再審開始に向けて説明が必要だと思い掲載します。

 この事件そのものが無かったのです。ですから犯人はいないのです。

 ではなぜ守大助さんは、「無期懲役」になったのか。これは、警察・検察により作り上げられた事件、つまりねつ造された事件なのです。従って、1人殺人4人殺人未遂と言われておりますが、5件とも、診療録には、全て病名等が記載されているのです。1件もマスキュラックスによる死亡・急変などとは記載されていなかったのです。

 さらに、有罪の決め手になった大阪府警科捜研の土橋鑑定をよりどころに、裁判官は判決文を作成したのですが、それも、これまで掲載してきたことで明らかにしたとおり、虚偽であったのです。

 信じられないかと思いますが、「警察によるねつ造」で検索してみてください。1件や2件だけでなく、警察による多くのねつ造事件が見られるはずです。

  では、なぜねつ造が行われるのか、「上司の命令には絶対に従う」この体質があるためと、「成果を上げなければならない」という感覚が染みついているから、無理をしても捜査を強行しようとして、ついにはねつ造をやってしまうと推認します。

 この事件も、東北大学の法医学の教授からの一言が発端で、権威に弱い警察官が、事件にして捜査が開始され、ねつ造したと推認されます。

 この事件を、医学的に明らかにし、再審請求書に意見書を添えてくださった、長崎大学 医歯薬学総合研究科 創薬化学 池田正行教授のブログを紹介いたします。

http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/morienzai.html

http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/nmodraft.pdf

 

2013年2月14日 (木)

裁判官に訴えます。

平成16年3月30日宣告 裁判所書記官阿部浩久
平成13年(わ)第22号,第56号,第99号,第148号,第188号
            判        決
 本 籍 省略
 住 居 省略
         
                      守     大   助
                      昭和46年4月28日生
 上記の者に対する殺人及び殺人未遂被告事件について,当裁判所は,検察官加藤昭,同大畑欣正及び弁護人花鳥伸行(主任),同阿部泰雄,同中谷聡,同神坪浩喜各出席の上審理し,次のとおり判決する。
             主            文
     被告人を無期懲役に処する。
               理         由
(罪となるべき事実)
第1 被告人は,平成12年2月2日午後5時20分過ぎころ,仙台市泉区高森四丁目2番地の536所在の医療法人社団陵泉会北陵クリニック内において,点滴中のM子(当時1歳)に対し,同人が死亡するに至るかもしれないことを認識しながら,あえて,呼吸抑制を引き起こす筋弛緩剤マスキュラックスを混入した溶液を,三方活栓から同人の左足に刺したサーフロー針を介して体内に注入し,間もなく同人を呼吸困難ないし呼吸停止の状態に陥らせたが,同クリニック医師,救急救命士及び転送先病院の医師らが救命措置を行ったため,殺害するに至らなかった。

第2 被告人は,同年10月31日午後6時30分ころから同日午後7時ころまでの間,前記北陵クリニック内において,A子(当時11歳)に対し,同人が死亡するに至るかもしれないことを認識しながら,あえて,同人に注入する点滴溶液に,呼吸抑制を引き起こす筋弛緩剤マスキュラックスを混入した上,同人の左手に刺したサーフロー針から同溶液を体内に注入し,間もなく同人を呼吸困難ないし呼吸停止の状態に陥らせたが,同クリニック医師,救急救命士及び転送先病院の医師らが救命措置を行ったため,同人に全治不明の低酸素性脳症の傷害を負わせたものの,殺害するに至らなかった。

第3 被告人は,同年11月13日午後9時ころから同日午後9時40分ころまでの間,前記北陵クリニック内において,K君(当時4歳)に対し,同人が死亡するに至るかもしれないことを認識しながら,あえて,呼吸抑制を引き起こす筋弛緩剤マスキュラックスをあらかじめ混入した点滴溶液を,その情を知らない同クリニック看護婦菅澤嘉子をして,上記高橋健太の左手に刺したサーフロ―針から体内に注入させ,間もなく同人を呼吸困難ないし呼吸停止の状態に陥らせたが,同クリニック医師らが救命措置を行ったため,殺害するに至らなかった。

第4 被告人は,同年11月24日午前9時15分ころから同日午前10時ころまでの間,前記北陸クリニック内において,S子(当時89歳)に対し,同人が死亡するに至るかもしれないことを認識しながら,あえて,呼吸抑制を引き起こす筋弛緩剤マスキュラックスをあらかじめ混入した点滴溶液を,同人の右足に刺したサーフロー針から体内に注入し,よって,同日午前10時30分ころ,同所において,同人を呼吸不全に陥らせ,窒息させて殺害した。

第5 被告人は,同日午後4時10分ころから同日午後4時50分ころまでの間,前記北陵クリニック内において,Mさん(当時45歳)に対し,同人が死亡するに至るかもしれないことを認識しながら,あえて,呼吸抑制を引き起こす筋弛緩剤マスキュラックスをあらかじめ混入した点滴溶液を,その情を知らない同クリニック看護婦佐藤眞理子をして,上記青山晃の左腕に刺した翼状針から体内に注入させ,間もなく同人を呼吸困難の状態に陥らせたが,同人が同クリニック看護婦らに助けを求め,同看護婦らが救命措置を行ったため,殺害するに至らなかった。

 この判決の有罪の決め手になった、大阪府警科捜研の土橋鑑定が筋弛緩剤マスキュラックスを検出出来なかったことが明らかになったことは、判決文そのものが、虚偽であったことが明らかになりました。

 検察は、変化体であろうが未変化体であろうが、臭化ベクロニウムの成分が出たから問題は無いと、主張して来るでしょう。

 しかし、これでは証拠の血液が出たので、O型であろうが、B型であろうが血液に違いはないというような、現代の化学を無視した主張であることを、裁判官は化学の学習をして、真実の探求に努めることが、今こそ求められていることを理解していただきたいと思います。しただって、速やかに再審開始を行うことが、裁判官の使命だと訴えるものです。

 人体実験は出来ませんので、筋弛緩剤マスキュラックスを混入した点滴溶液を、動物実験で行えば、いかに判決が間違っているか明らかになります。

2013年2月13日 (水)

土橋均吏員はすでに大阪府警科捜研にはいなかった。

 平成24年11月22日付け、平成24年12月6日付けで、仙台検察庁の検察官より、土橋均殿・西川真弓殿と連名の宛先に照会文書が出されておりますが、どこに送ったか解りません。

 平成24年11月22日付けの回答は、「志田保夫前教授の意見書に対する見解」平成24年12月13日付けで、西川真弓・土橋均連名の回答が1通。
 平成24年12月6日付けの回答は、「鑑定書に関する補足事項」について、平成24年12月13日付けで、土橋均・西川真弓の連名の回答が1通。
 2通とも平成24年12月17日に仙台地方検察庁で収受しているのです。
 まさに、20日の準備協議直前に回答を受け取っているのです。

 8月28日再審準備協議が行われてから、12月20日の準備協議直前に検察が照会文書を出し回答を得ているが、なぜ直前にこの様な文書のやり取りが行われたのか。約3ヶ月間の空白は何を意味するだろうか。何としても再審開始を妨げるため、仙台地裁・仙台高裁の判決が虚偽であったことを隠蔽するために英知をしぼった時間が必要であったと推認します。

 さらに、現在までに確認出来たことは、土橋吏員は、2010(平成22年)年9月1日にはすでに大阪医科大学法医学教室の准教授に就任していたのです。
 従って、2通の回答書には、役職が書いていなかったのです。

 では、回答書は誰が作成し署名押印をしたのか、当然再審準備協議という重要な時期に、もし回答書が公文書として作成されたとすれば大阪府警科捜研所長の公文書に添えて回答書が検察へ提出されたはずです。ところが土橋・西川両名の個人的文書にして、大阪府警科捜研に汚名が付かない様に考えた末に作成された回答書だと推認されます。
 
 今回改めて、見直した時、鑑定書をはじめ鑑定資料の収受、宮城県警から鑑定依頼があったときの、大阪府警科捜研の承諾若しくは、受託の文書が一切出てきてないことは、あり得ないことです。大阪府警科捜研では、職員が勤務時間中に好き勝手なことが出来る職場であったとは、到底思えません。つまり大阪府警科捜研としては、土橋吏員が1999年法中毒で講演した内容を知っていたことから、一切関わりが無かったとにしたかったのだと推認されます。

2013年2月10日 (日)

裁判官をだませても、国民はだまされない。(鑑定書はねつ造された。)

 5件の鑑定書のうち3件に、「標品の臭化ベクロニウムのイオンクロマトグラム」を添付しているが、土橋吏員は、マスキュラックス(臭化ベクロニウム)ではなく、標品はベクロニウムを使用したと証言しています。さらに、メーカーから頂いたものには、含有率とかと言っておりますが、当然分子式や分子量が記載された書類が添付されていたものと推認できます。
 したがって、鑑定書は、ねつ造したものではないかと思います。

臭化ベクロニウムは分子式で Br C34H57N2O4    分子量637.744  です。

ベクロニウムは、分子式で  C34H57N2O4    分子量557.84  であり臭素は入っていないのです。

                              (第26回公判調書39~40頁)
主任弁護人 ・・・・そこでお尋ねしますが,この標品っていうのは,大阪府警で用いられられてる標品というのは,具体的にはどういうふうにして入手され,どういう品質のものなんですか。
土橋証人  メーカーから頂いたもので・・・
そのときの含有率とかですね,そういうものが書いてあるものです
主任弁護人 市販されているものとは異なるものである,というふうに聞いてよろしいですか。
土橋証人  ベクロニウムは市販されておりません。
主任弁護人 ですから,いわゆる市販されているものとは,まったく別のものであるとらうふうに聞いてよいわけですね。
土橋証人  市販されているっていうのは。
主任弁護人 マスキュラックスとか,あのサクシンとか。
土橋証人  それはもう製剤です。で,我々が持っているベクロニウムっていうのは,マスキュラックスも持ってますけれど,
今回の標品というのはベクロニウムそのものです。
主任弁護人 なるほどね。それはメーカーといいますと,いわゆるオルガノン社っていいますか。
土橋証人  そうです。
主任弁護人 あそこから入手してるわけ。
土橋証人  はい
主任弁護人 状態はどういうものなんですか,粉末なんですか,液体。
土橋証人  
白色の粉末です。

 この様な証言をしていたのですが「、含有率とかですね、そういうものが書いてあるものです。」ということは、当然分子量や分子式加水分解しやすいものであること等が記載した書面がついていたことは,当時のオルガノン社の医薬品インタビューフォームを見れば明らかです。

現在の医薬品インタビューフォーム

「2011MUSCULAX.pdf」をダウンロード 

 従って、標品として正確に定性分析、質量分析を行えば、未変化体m/z279が出てくるのです。

 本当に鑑定をおこなったなら、変化体m/z258が出たときに気づくはずです。それを未変化体だと言い切って、鑑定資料(血清・尿・点滴ボトル)からもm/z258の未変化体が検出されたといったことは、標品の鑑定は行わず、1999年に日本法中毒学会で一般講演をした、「ESI-LS-/MSによる筋弛緩薬パンクロニウム、ベクロニウムの分析」を自ら盲信し、今回の鑑定を講演要旨に合わせたことから、標品からも未変化体m/z258が出ました。鑑定資料からも未変化体m/z258が出ました。とねつ造しなければならなかったのだと推認されます。

 つまり、自分が学会で発表した講演を否定する勇気が無かったため、鑑定書をねつ造したと推認できます。

 さらに、一番最初に作成した鑑定書は平成13年1月19日付けです。すでにこの時には、守大助さんは、犯行は行っていないと、警察・検察に対し明確に意見を言っていたのです。それを知っていて、鑑定資料を全量消費したと鑑定書に記載したことは、明らかに再鑑定を不可能にしたのです。

 彼は、科学者ではなく、大阪府警科捜研に採用されたただの技術職員であったことが、今回の検察の意見書で明らかになったのです。

 確定判決で、裁判官は、土橋証言を根拠に未変化体が出たと言うことが覆ったいま、速やかに再審を開始することが、とるべき道だと確信をもっていえます。

 しかし、検察は未変化体であろうが変化体であろうが、出たのだから再審の必要はないと言ってくることは明白です。

 裁判官は、検察の主張に迎合することは目に見えます。その前に「変化体」と「未変化体」が、構造式・示性式・分子式・分子量が全く違うということを、裁判官という職責を全うするため化学を学んで、真実の探求に努力することを切に願うものです。

 これからは、過去の検察のでたらめさを明らかにすると共に、重要なことは確定判決が虚偽の判決であることを明らかにしてゆき、確定判決を下した裁判官が、自ら医療法・薬事法・産業廃棄物処理法等を調べようとしないで、法律違反を見逃し誤った判決文を書いたことを明らかにして行きます。

 

 

2013年2月 7日 (木)

良心のある検察官へ(無実の人間を罪に落とし入れることは、検察の仕事ではない。)

 私がこの事件が起こった頃は、まだ在職中で報道により情報を得ていたものですから、当時は,、こんな非道なことをするやつは、極刑にするべきだ。そんな思いで、連日新聞テレビで流された報道を信じていました。

 しかし、退職後偶然の機会で、大助君のお母さんとお会いし、「息子は無実です。助けてください。」と言われたときは、戸惑いました。それから、検察の論告要旨・仙台地裁の判決文を、安いスキャナで読み取りデータを作って半年が過ぎた頃、様々な矛盾点があり、こんなことで有罪にされたと思うと怒りを感じました。

 私は、宮城県職員として公務員生活を退職まで送ってきましたが、裁判とは無縁の生活でした。しかし、自分の仕事は、県民の幸せのためにという思いで行ってきましたので、この事実を知ったときから、無実の人を救うことは、当然なことと思うと同時に、残された人生を有意義に送ろうと思っていましたので、自分が出来る可能な限り大助君を救うために努力することにしました。
 また、私はスキーを趣味とし、山形県の月山の夏スキーに行っていましたので、大助君と月山に行く約束をしました。かならず実現し、姥ヶ岳の山頂で、高山植物を愛で、美味しいお酒で乾杯したいと思っています。

 検察は、無実の人間を罪に落とし入れることが仕事ではないことを、肝に銘じて仕事をすることは、公務員として当然だということを自覚して仕事を行うべきだし、国民の幸せのために仕事をしてほしいと思います。
 更に、先輩が過ちを犯し、冤罪をつくってしまったら、それを勇気を持って正してほしいと訴えます。そのことにより昇級昇格が不利になることはあり得ることを承知で訴えるものです。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »