2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 裁判官はここでも間違った判決文を。 | トップページ | 土橋鑑定は証拠・証明能力もないことが明らかになりました(概略) »

2012年12月31日 (月)

第3回再審準備協議において有罪の決めてが覆った。

以前掲載した、「ベクロニウムの分子量は、557.82で、m/z279(分子イオンにプロトンが付加した2価イオン)のイオンであります。」の中で仙台高裁の判決文の中に次の文があります。

仙台高裁判決文P7

なお,土橋吏員の証言(第24回,第25回)によれば,本件各鑑定において,各鑑定資料からベクロニウムの未変化体が分離・検出されていることが認められるから,m/z258のプリカーサイオンが,本件各鑑定資料中に存在したベクロニウムの脱アセチル化した変化体に由来するものでないことは明らかである。

ところが、再審請求による三者(裁判官・検察官・弁護士)協議の中で、仙台地方検察庁から提出された「意見書」で驚くことが明らかになりました。

ベクロニウムが加水分解されやすいことから、脱アセチル化体からm/z258が検出されたとする可能性をしめすことが出来る。つまり変化体のm/z258が出たという、仙台高裁の判決とは、全く違う分析結果を明らかにしました。

この事件で有罪の決め手になった重要な証拠である大阪府警科捜研の「土橋鑑定」が証拠価値がないことが明らかになったと思います。

詳細については、内容を更に精査して掲載いたします。

« 裁判官はここでも間違った判決文を。 | トップページ | 土橋鑑定は証拠・証明能力もないことが明らかになりました(概略) »

北陵クリニック事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182856/56437470

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回再審準備協議において有罪の決めてが覆った。:

« 裁判官はここでも間違った判決文を。 | トップページ | 土橋鑑定は証拠・証明能力もないことが明らかになりました(概略) »