2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 守大助さんの再審無罪を実現するために。 | トップページ | 大阪府警の土橋鑑定は証拠能力も証明力もない。 »

2012年10月20日 (土)

筋弛緩剤(マスキュラックス)の分子量

筋弛緩剤マスキュラックス(臭化ベクロニウム)の分子量は

 

分子式  C(炭素)34 H(水素)57 Br(臭素) N(窒素)2 O(酸素)4

 

原子量  C12.0107   H1.00794   Br79.904  N14.0067  015.9994

 

分子量  C34+ H57+ Br+ N2+O4

 

      408.3638 +  57.45258 +  79.904 +  28.0134  +   63.9976 = 637.73138

 

臭化ベクロニウムの分子量は637.73138です。  原子量は、原子量表(1999)を使用して分子量を求めました。

 

臭化ベクロニウムから臭素の原子量を除いてベクロニウムの分子量を求めた場合の分子量は、557.82738 になります。

 

※参考  2007年8月改訂(第11版)  日本標準商品分類番号 871229    日本オルガノン株式会社の「有効成分に関する理化学的知見」の分子量は637.73です。

« 守大助さんの再審無罪を実現するために。 | トップページ | 大阪府警の土橋鑑定は証拠能力も証明力もない。 »

マスキュラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筋弛緩剤(マスキュラックス)の分子量:

« 守大助さんの再審無罪を実現するために。 | トップページ | 大阪府警の土橋鑑定は証拠能力も証明力もない。 »