2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 拷問、自白について。(日本国憲法の条文) | トップページ | 守大助さんの再審無罪を実現するために。 »

2012年10月17日 (水)

守大助さんはどの様にして自白させられたか(4)

6 ② 虚偽の自白へ

 私は、ポリグラフ検査後、朝に来た時の部屋に戻りました。
 A刑事と二人だけでした。
 S刑事が部屋に入ってくりなり、「やっぱりお前だよ」と言ってきました。
 私は何を言われているのか分からなかったので「はあ?」と声に出しました。
 S刑事は、「反応してるんだ」と言い続けて

「マスキュラックスで反応している」
「こちらで考えている通りだ」
「20・30人以上やっているんだ」

と言われました。
 この様なことが反応しているんだと言われても、私には結びつくものがないんで、
「いや、そんなことを言われても知りません」と言いました。
「反応が出ているからお前なんだ」と言うんです。
やっていないことなので、私は分からない。しかし、S刑事は、全然納得してくれませんでした。
 私に対して、A子ちゃんが急変した日の、10月31日にいた職員のことを言ってきました。
「じゃ、お前が知らない、やってないと言うんじゃ誰なんだ」と言うのです。
「その時いた人を言ってみろ」と言うのです。
私は「半田郁子医師・K看護婦と助手のMさんがいました」と言いました。
S刑事からは、3人がいたという説明をしたのに対して
「じゃ お前じゃなければ郁子先生なのか」
「郁子先生、K看護婦か」
「それとも M助手なのか」と言ってきます。
私は、そんなこと言われても知らないので、「知りません」「分かりません」と言いました。
3人のうち誰かと言われても分からないと答えているのに納得しない。
この時に私が分かっていたのは、入院して急変したんだということでした。
それ以外には、頭の中で整理されていません。
更にS刑事は、「お前じゃなければ その時にいたやつなんだから そいつらでいいのか!」と言ってきました。
「お前じゃなければ」と言われても、私はA子ちゃんに筋弛緩剤なんて使っていないのですから私じゃない「他の3人なのか」というふうに言われても確認がとれるものでなかった。
 急変した場面しか思い出していないので、筋弛緩剤を使用したという場面がなかったので私としては「3人のことも知らないし、やっていないと思う」としか言えませんでした。
「その時いたやつ」だと言われているんで、K看護婦も一緒に急変の対応していたので、確認したいと思ったので、先ず、私はKさんのことが心配になりました。私と同じく調べれれているのではないかと思いました。
S刑事にKさんのことを聞くと。
「隣で調べを受けている」と言われ、私はまします心配になりました。
私も急変原因が分からないのに、「お前がやったんだ、お前じゃなければ誰だ」と当然Kさんにも言っているものだとお思いました。
私はますます心配になりました。私も急変の原因は分からないのに、
「お前がやったんだ」「お前じゃなければ誰だ」と当然。Kさんにも言っていると思いました。
私以上に悩む方だったので、もっと悩み考えているんじゃないかと心配しました。
 当時、私は筋弛緩剤の使用方法は静脈注射しか知りません。
  急変時に使用したという認識がなおい、Kさんにも、確認したかったので、私はS刑事にKさんと会わせてくれと頼みましたが、
 「だめだ」と言って断られました。
 Kさんと会えば、どんな調べか。ひどくないか。筋弛緩剤を使ってないことを、話すことができたのに、許されなかった。
 私が説明をしても聞いてくれない、会わせてくれと言っても聞いてくれない。
 S刑事には納得してもらえないという状態でした。
 このような状態になっている私に
 「お前がやったという証拠がある」と言ってきました。
 どうして私なんだと思いました。だから私は、どんな証拠なんだと思ったので、「証拠ってなんですか、見せて下さい」と言いました。
 「お前が認めたら見せてやる」とS刑事は言います。
「認めたら見せる」と言われても、認めるような事実をしていませんので困りました。
私は「分からない」「知らない」としか言えませんでした。
 今度は、証拠を出せと、
「お前がやっていないと言うならば、やっていない証拠を出せ」と言い。
「出したら認めてやる」といってくるのです。
私は、やってない証拠なんて、やっていないという以外説明ができないのです。
「やっていないとしか言えません」とこれだけ伝えましたが、認めてくれない。
「お前は、やったから証拠がねえんだよ」と怒鳴ってくるのです。
「やってない証拠なんてないです」それ以上答えないでいると、
S刑事はますます大声で怒鳴ってきます。
そうでなくとも、さんざん怒られているので、やめてくれと思いました。
「3人なのか」「あの時いたやつだ」と言われてもA子さんが筋弛緩剤で急変したと考えられなかった。
 どうしてもS刑事からいわれていることが重大なものと結びつかなかった。原因が筋弛緩剤なんだとは考えなかった。それが私の認識でした。
S刑事は口調が厳しくなり、たちあがり大声で怒鳴ってきました。
「お前じゃなければ誰なんだ」「こちらは証拠があってお前を調べてんだから、お前が知らねえっつうことねえんだよ!」と言ってきます。
S刑事は、私が黙っていると、机を叩き怒鳴ってくる。
私は、親にもこんなに怒鳴られたことがないので、精神的にも弱りました。
やっていないのですから、「分からない」「知らない」これが精いっぱいの答えでした。
「挿管ミス」だと説明しても全く聞かない。
このまま調べが終わらないのではないかと思うようになりました。
私はやってないのだから、調べてくれているだろうと「調べて下さい」の一言を口に出せなかった。
 警察は調べるのが仕事であるのだから、言わなくとも調べると思っていたからです。
直接手を出す暴力はないが、言葉の暴力です。
聞く耳を持ってもらえず、性格的にも反発できないので、頭の中でいろいろ考える。
北陵クリニックへの確認、半田教授に確認してくれ、違いますといってくれるのではばいか。
 父親が警察官なので、父に仕事を辞めたことを説明していて、急変時に医療ミスがあったことを言っているので、私がS刑事に言っていることは本当だと確認して分かってくれるのではないかと思いました。
そうしてくれているんだろうと思いました。
 平成12年12月4日の夜の出来事が頭に浮かび、半田教授が、刑事に説明してくれ、不法侵入者じゃないことがわかり、帰してもらったということがあったので、今回も間違いであると助けてくれると思った。
 この時点でも、私は、A子ちゃんの家族から北陵クリニックが訴えられたんだと思ってました。だから半田教授を信頼していたので助けてくれる。半田郁子医師が、ミスしたこと説明してくれると思ってました。

※この様に守大助さんを犯人と決めつけ取り調べを始めたのでした。

続く

« 拷問、自白について。(日本国憲法の条文) | トップページ | 守大助さんの再審無罪を実現するために。 »

自白」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182856/55912236

この記事へのトラックバック一覧です: 守大助さんはどの様にして自白させられたか(4):

« 拷問、自白について。(日本国憲法の条文) | トップページ | 守大助さんの再審無罪を実現するために。 »