2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鑑定資料の全量消費の矛盾(2) | トップページ | 検察官の論告の矛盾は冒頭から。 »

2007年10月15日 (月)

鑑定資料の全量消費の矛盾(3)

   鑑定資料の分析に要する時間については、分析に要する作業、分析作業の準備から分析・分析後の機器・機材の洗浄等一連の作業があるため、更に今回のように、他の毒物等の検出のための分析を考慮すると、1回に要する時間を特定することは不可能だということが分かりました。
 従って、大阪府警T技官の証言では1ミリリットルの資料から、50回の定性分析に必要な注入量がとれるとしていることから、鑑定資料の量がどの程度の分析が可能か計算してみると、約5200回の分析を行ったことになります。

 

平成12年12月12日大阪府警に搬入
    Kくんの鑑定資料   
        血清   約2ミリリットル             100回
        点滴溶液  約50ミリリットル       2500回
    A子ちゃんの鑑定資料
                血清      約6ミリリットル              300回
                尿        約8ミリリットル               400回
平成12年12月20日大阪府警に搬入
    Sさんの鑑定資料
         点滴溶液  約30ミリリットル    1200回
上記の鑑定報告書 (平成13年1月19日)

 

平成13年1月24日
   Mちゃんの鑑定資料大阪府警に搬入
                 血清  約1ミリリットル              50回
上記の鑑定報告書 (平成13年2月23日)

 

平成13年2月12日大阪府警に搬入
   Aさんの鑑定資料
                 点滴溶液    約7ミリリットル        350回
                 点滴溶液    約3ミリリット          150回
                 点滴溶液    約3ミリリットル        150回
上記の鑑定報告書 (平成13年3月23日)
                                                   合計  5200回

 

平成12年12月13日から平成13年3月22日までの間、年末年始土日を差し引くと69日が就労日数として、
      5200回÷69日=75.36回(1日の分析回数)

 

つまり、大阪府警科捜研の技官は、約70日間大阪府警科捜研の仕事を行わずに、1日約75回以上の分析を行えば、鑑定資料を全量消費したことになります。

 

しかし、鑑定資料の全量消費の矛盾(1)で記載しましたが、

 

判決文47・48頁の「・・・・ところで、大阪府警科捜研は、当時多忙であったところを、・・・」が事実とすれば、5200回にも及ぶ分析がなされていなかったことが明白ではないかと思います。

« 鑑定資料の全量消費の矛盾(2) | トップページ | 検察官の論告の矛盾は冒頭から。 »

鑑定資料の全量消費」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鑑定資料の全量消費の矛盾(3):

« 鑑定資料の全量消費の矛盾(2) | トップページ | 検察官の論告の矛盾は冒頭から。 »