2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鑑定資料の全量消費の矛盾(1) | トップページ | 鑑定資料の全量消費の矛盾(3) »

2007年8月21日 (火)

鑑定資料の全量消費の矛盾(2)

大阪府警科捜研で、鑑定資料を全部分析に使用したと言っておりますが、分析にようする時間は、かなり長時間の分析を行ったことになります。

 

現在、1回分析に要する時間を検証しておりますが、どうしても検体を受領してから鑑定書を提出するまでの時間では、全量を分析したということは、あり得ない時間になります。このことを、明らかにするため、現在検証中です。

« 鑑定資料の全量消費の矛盾(1) | トップページ | 鑑定資料の全量消費の矛盾(3) »

鑑定資料の全量消費」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鑑定資料の全量消費の矛盾(2):

« 鑑定資料の全量消費の矛盾(1) | トップページ | 鑑定資料の全量消費の矛盾(3) »