2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« M子ちゃん(1才1ヶ月)のからだの、十数ヶ所に針を刺す医療の実態。 | トップページ | 裁判官は、医療廃棄物の区分を知らなかったため、間違った判決をした。 »

2007年3月25日 (日)

北陵クリニックの廃止理由は裁判所による競売でありました。

北陵クリニックが医療機関を廃止するまでの足取りを、管轄する仙台市泉保健所に提出した書類から検証しました。                                    1、平成13年3月12日付けの休止届け理由                           「元準看護士による刑事事件発生のため診療継続が困難となったため休止する。」      休止期間 平成13年3月10日から平成13年5月31日まで                                                    

2、平成13年5月28日付けの休止届け理由                          「筋弛緩剤による刑事事件発生後診療継続が困難となり平成13年5月31日まで休止届けを出していたが、再開目的として活動を行うためさらに2ヶ月休止する」             休止期間 平成13年6月1日から平成13年7月31日まで

3、平成13年7月30日付けの休止届け理由                          「現在診療再開を目的として具体的活動を展開中であり、診療科目を含む診療形態の策定 資金調達、人員の確保等々の調整のためさらに5ヶ月休止する」           休止期間 平成13年8月1日から平成13年12月31日まで

4、平成13年12月26日付けの休止届け理由                          「筋弛緩剤による刑事事件発生後診療継続が困難となり、平成13年12月31日まで休止届を出していたが、診療所の再開に向け、関係者と協議、調整中のため、3ヶ月休止するもの」                                               休止期間 平成14年1月1日から平成14年3月31日まで

5、平成14年4月1日付けの廃止届理由 「現在、裁判所による競売手続きが進行しており、再開の見込みもたたないため平成14年3月31日をもって本診療所を廃止する。」

この様に、事件後再開に向けて努力してきたが、裁判所の競売手続きが進行していたことは、平成11年仙台市から差押えを受けるほど経営が悪化してから、差押えが解除されたとはいえ、その後も経営は一向に改善されていなかったことが、明らかであります。

検察は、論告要旨で次のように述べておりますが、

論告要旨201頁                                          ・・・さらに、H教授及びI医師の証言によれば、確かに、北陵クリニックの経営状態は、平成12年当時、必ずしも良好ではなかったものの、当時メインバンクであった足利銀行、同銀行から紹介された財務コンサルタント会社、あるいは東北医療福祉会の協力を得て経営改善案が策定され、泌尿器科等一部標榜科目の診療中止とそれに伴う非常勤医師の削減等の経費削減策等を実施したことにより、同年10月ないし11月ころには、単月黒字にまで経営改善され、、さらに、通所リハビリテーションの実施や、院長を高給のN医師から別の若い医師に変更するなど経営方針が固まりつつあった。

論告要旨202頁                                         ・・・・。平成11年10月に仙台市の差押えを受けた点も、同年12月には差押えが、解除されているから、平成12年11月当時の経営状態を示す証拠にはならないし、・・・・

このように検察は、北陵クリニックの経営が悪化していたことが、改善された様に論告しているが、事件前から経営が悪化し、事件後も再開の努力を行ったが競売に付されたことは、明らかに経営は一貫して悪化していたことを理解していないと言わざるをえません。

※ 経営が悪化していたことが、様々な問題を引き起こしたことの背景については、別に掲載します。

 

« M子ちゃん(1才1ヶ月)のからだの、十数ヶ所に針を刺す医療の実態。 | トップページ | 裁判官は、医療廃棄物の区分を知らなかったため、間違った判決をした。 »

北陵クリニック事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182856/14400155

この記事へのトラックバック一覧です: 北陵クリニックの廃止理由は裁判所による競売でありました。:

« M子ちゃん(1才1ヶ月)のからだの、十数ヶ所に針を刺す医療の実態。 | トップページ | 裁判官は、医療廃棄物の区分を知らなかったため、間違った判決をした。 »