2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« M子ちゃんの入院は、病状から勧めたのではなかった。 | トップページ | 北陵クリニックの廃止理由は裁判所による競売でありました。 »

2006年9月17日 (日)

M子ちゃん(1才1ヶ月)のからだの、十数ヶ所に針を刺す医療の実態。

論告要旨237頁
・・・・母親にM子ちゃんの身体を押さえさせながら検査用の採血を試み、何度か失敗しながらM子ちゃんの血液を採取した。
 N看護婦は、採血に引き続き、M子ちゃんに点滴のためのサーフロー針の刺入を試みたが、泣いて暴れるM子ちゃんに約20分ほどかけて左右の手に合計4ないし5回サーフロー針を刺したものの、うまく刺入できず、結局、自力でM子ちゃんの血管を確保することを断念し、M子ちゃんから採取した血液などを持っていったん同病室から退出し、外来診療の介助をしていたS主任にM子ちゃんの血管確保を頼んだ。
 そこで、S主任が同病室に赴いたが、M子ちゃんの血管が元々細かった上、N看護婦が針を刺した痕が内出血していたため、作業に手間取り、蒸しタオルで血管の拡張を図ったり、K総婦長の援助を得た末、約30分ほどかかってようやく、M子ちゃんの左足首の静脈にサーフロー針を刺入し、同日午後4時20分ころ、グルコース及びビスコンを調合済みのソリタT1の溶液の点滴投与を開始した。

 

判決文84頁
 S1病室に入室したM子ちゃんに対し、Y看護婦が体温測定し、N看護婦が採血を行うなどした後、同日午後3時30分ころから、前記処方②の点滴を処置するため、N看護婦が、M子ちゃんの血管にサーフロー針を刺入しようと、何回かM子ちゃんの両手に突き刺したが、血管に刺入することができなかった。そこで、N看護婦はS主任に応援を求め、S主任がK総婦長の援助も得て何回かM子ちゃんの左足首の静脈にサーフロー針の刺入を試みた結果、同日午後4時20分ころ、血管を確保することができたので。・・・・・

 

この様に、論告要旨、判決文でM子ちゃんの採血、点滴までの様子が明らかにされております。約50分の間に
(1)採血のため何度か失敗しながら針を刺し
(2)その後約20分にわたって左右の手に合計4ないし5回サーフロー針を刺し
(3)更に、針を刺した痕が内出血していたため、蒸しタオルで血管の拡張を図ったり、約30分ほどかかって、何回かM子ちゃんの左足首の静脈にサーフロー針を刺し、

 

 これが、M子ちゃん(1才1ヶ月)に対する北陵クリニックの医療の実態です。

 

 

« M子ちゃんの入院は、病状から勧めたのではなかった。 | トップページ | 北陵クリニックの廃止理由は裁判所による競売でありました。 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« M子ちゃんの入院は、病状から勧めたのではなかった。 | トップページ | 北陵クリニックの廃止理由は裁判所による競売でありました。 »