2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2015年3月30日 (月)

独立行政法人国立病院機構 宮城病院

平成26年4月より勤務。     

» 続きを読む

2014年11月24日 (月)

再審請求が実現できるようお願いします。

ご両親が健在なうちに、守大助さんの再審無罪を実現するために、皆さんの協力をお願い...

» 続きを読む

2014年3月27日 (木)

検察は、確定判決をひるがえした。(再掲)

i   検察は、ベクロニウムの未変化体がm/z557ないしm...

» 続きを読む

仙台地裁が守大助さんの再審請求を棄却

 3月25日、仙台地方裁判所第一刑事部(河村俊哉裁判長)は、仙台北陵クリニック・...

» 続きを読む

2013年11月26日 (火)

土橋均吏員(大阪府警科捜研)の鑑定は虚偽であった。

大阪府警科捜研の土橋均吏員(事件当時)の鑑定は虚偽であった。   詳細...

» 続きを読む

2013年10月11日 (金)

裁判官・検察官をだました土橋吏員と、だまされても気づかない裁判官と検察官。

 これから、法廷での証言を記載しますが、こんな問答を聞いてた裁判官は、それでも証...

» 続きを読む

2013年6月28日 (金)

検察意見書(2)について

去る6月19日、再審開始準備の三者協議が開催されましたが、再審請求書に添付した池...

» 続きを読む

2013年6月21日 (金)

半田康延氏の動向について

http://www.sendai968.jp/doctor.html

» 続きを読む

2013年6月14日 (金)

なくせ冤罪!市民評議会・設立総会

http://www.youtube.com/embed/pirgsmN5TOs http://www.youtube.com/embed/4uan-D-p09U http://www.youtube.com/embed/QUsgWQBfUTM

» 続きを読む

2013年5月30日 (木)

今、あまりにも改憲が叫ばれているので。

私は、ネットの中で江川紹子さんが書いた「改憲バスに乗る前に」という記事を読んで、...

» 続きを読む

2013年5月 6日 (月)

医療廃棄物の分別区分を知らない検察官と裁判官

検察の論告要旨P218 ・・・・更に、そもそも、針箱は、使用済みの針やメスの刃等...

» 続きを読む

郁子医師は「手が震えてうまくゆかないと感じ」採血が出来なかった。

判決文P45 ・・・・・半田教授は、上記の通り、郁子医師とすれ違いざまにボトルを...

» 続きを読む

警察官は深夜は証拠を領置しない。

検察の論告要旨P20より ・・・・・・・・そこで、T警部は、翌5日午前零時30分...

» 続きを読む

鈴鴨看護主任の偽証について

(仙台地裁判決文228頁) ・・・・なお、証拠(証人鈴鴨(甲309)によれば、助...

» 続きを読む

2013年5月 2日 (木)

2013年5月2日。

今日で、守大助さんが逮捕されてから4500日です。  こんな理不尽なことが、許さ...

» 続きを読む

半田康延氏の動向について。

http://www.sugawara.ac.jp/welfare/about/message.html

» 続きを読む

2013年4月30日 (火)

初めての手錠。(10)

この記録は、守大助さんが自筆で最高裁にたいして書いた上告趣意書(B5版で298頁...

» 続きを読む

2013年4月29日 (月)

反省文、急変患者リストの浄書。(9)

6 ⑥ 反省文、急変患者リストの清書  11名のリストの下書きが完成すると、清水...

» 続きを読む

「自白」から急変患者リストの作成へ。(8)

急変者リストも、清水刑事の資料を元に書かされてきた状況が理解できると思います。 ...

» 続きを読む

2013年4月27日 (土)

「自白」から、反省文の下書きを書かせられました。(7)

これまで、任意同行から自白させられるまでを書きましたが、それでは終わらないで、犯...

» 続きを読む

2013年4月25日 (木)

守大助さんはどの様にして「自白」させられたか。(6)

③「虚偽の自白」について  私は、清水刑事にいくら説明しても聞いてもらえず、もう...

» 続きを読む

2013年4月22日 (月)

検察の理念とは。

「rinenn.pdf」をダウンロード  「検察の理念」とは、破るため...

» 続きを読む

2013年4月19日 (金)

裁判官は再審開始を、「禁じ手を使った検察」に躊躇する理由は無くなりました。

「201301_kennkai.pdf」をダウンロード 裁判官は、何も躊躇する理...

» 続きを読む

2013年4月17日 (水)

日本法中毒学会に2013年2月11日照会をしました。

━━━━   日本法中毒学会 JapaneseAssocia...

» 続きを読む

執刀医の半田教授はマスキュラックスを11月30日まで知らなかった。

あきれ返ってコメントを書く気にならない証言だと思います。皆様が読んで判断してくだ...

» 続きを読む

橋本教授は、呼吸停止を臨床実験でもしたのか。

(仙台地裁判決文109頁)) (4) M子に対するマスキュラックスの投与方法につ...

» 続きを読む

2013年4月11日 (木)

ブログの表示を変えました。

 なるべく読みやすい表示方法に変えたのですが、従来の記事は、文字が小さく表示され...

» 続きを読む

2013年4月 5日 (金)

検察官は法廷で、全量消費に荷担した。

・・・・・・・・・・・・ 問  再度入手することが容易な試料であれば,ある人の血...

» 続きを読む

2013年4月 4日 (木)

検察官は推理作家か。警察の言い分を鵜呑みにし、推理、推理で推論したのです。

(検察の論告要旨172・173頁) ・・・・・・そこで,宮城県警では,S子事件に...

» 続きを読む

2013年4月 3日 (水)

名張毒ぶどう酒事件

無実の罪で死刑判決をうけ、独房で半世紀を送った一人の人間がいることを、知ってほし...

» 続きを読む

2013年3月31日 (日)

判決文の誤りは、これからも掲載して行きます。

 これまでも、確定判決の誤りを掲載してきましたが、この事件が、真犯人もいなければ...

» 続きを読む

2013年3月30日 (土)

再審開始決定を求める要請書

去る2月10日、再審請求書を仙台地方裁判所に提出しました。 趣旨に賛同する方々の...

» 続きを読む

2013年3月23日 (土)

郁子医師は、M子ちゃんを適正な診断から必要な投薬治療を行ったのでしょうか

  (論告要旨32頁)  ・・・・母親は,1月31日,M子ちゃんに発熱...

» 続きを読む

半田郁子医師を知る。

国立情報学研究所が行っているサービスから検索して見つけました。 http://c...

» 続きを読む

半田郁子医師を知る。「真実のカルテ」より

半田康延氏責任編集で、「真実のカルテ」という本が出版されました。 副題に「仙台・...

» 続きを読む

2013年3月22日 (金)

裁判官は世間知らず。

社会の動向を知らないで誤った判決を書いたのです。 判決文では、薬剤管理の状況を次...

» 続きを読む

2013年3月 9日 (土)

警察官は、深夜は証拠を領置しない。?

検察の論告要旨P20より ・・・・・・・・そこで、T警部は、翌5日午前零時30分...

» 続きを読む

12月1日深夜無かったマスキュラックスが3日深夜発見されたのは何故なのか。

守大助さんが12月4日半田教授から解雇を言われる前日、すでに午前0時を過ぎている...

» 続きを読む

2013年3月 8日 (金)

昨日から体調を崩し今日診察を受ける。

急性胃腸炎と診断され薬を処方してもらうが、昼食、夕食を早めにとって薬を飲むが、な...

» 続きを読む

2013年3月 4日 (月)

半田教授は、気管内挿管が出来なかった。

平成12年11月13日、Kに対する手術が行われた時の様子 (仙台地裁判決文153...

» 続きを読む

2013年3月 3日 (日)

「真実のカルテ」の真実とは。(7)

P210~211 「sinnzitu.pdf」をダウンロード  平成1...

» 続きを読む

2013年3月 2日 (土)

流言飛語の恐ろしさ。

ブログを検索していたら、次の様な記事を見つけました。 仙台の北陵クリニックでの森...

» 続きを読む

2013年2月19日 (火)

検察官のろうばい。

土橋吏員の証言は、真実か、偽証か。  (証人尋問調書 第24回公判調書22~23...

» 続きを読む

2013年2月17日 (日)

土橋均吏員(現大阪医大准教授)の虚偽の原点。

 土橋吏員が、ベクロニウム標品のベクロニウムのエレクトロスプレーイオン化における...

» 続きを読む

土橋均吏員(現大阪医大准教授)の偽証。

         &...

» 続きを読む

2013年2月16日 (土)

真犯人はいない事件

 この事件を調べている方の中に、「守大助さんが犯人でなければ、誰が犯人か。」と思...

» 続きを読む

2013年2月14日 (木)

裁判官に訴えます。

平成16年3月30日宣告 裁判所書記官阿部浩久 平成13年(わ)第22号,第56...

» 続きを読む

2013年2月13日 (水)

土橋均吏員はすでに大阪府警科捜研にはいなかった。

 平成24年11月22日付け、平成24年12月6日付けで、仙台検察庁の検察官より...

» 続きを読む

2013年2月10日 (日)

裁判官をだませても、国民はだまされない。(鑑定書はねつ造された。)

 5件の鑑定書のうち3件に、「標品の臭化ベクロニウムのイオンクロマトグラム」を添...

» 続きを読む

2013年2月 7日 (木)

良心のある検察官へ(無実の人間を罪に落とし入れることは、検察の仕事ではない。)

 私がこの事件が起こった頃は、まだ在職中で報道により情報を得ていたものですから、...

» 続きを読む

2013年1月31日 (木)

宮城県警に、ロット番号が「24973794」のマスキュラックス1本が眠っている。

ロット番号が「24973794」のマスキュラックス1本は、宮城県警に眠っているの...

» 続きを読む

2013年1月29日 (火)

警察の失態を知ってください。(ブログの初期の内容から)

私が、一番最初に掲載したのは、2006年8月26日でした、その頃から内容を見てい...

» 続きを読む

2013年1月 8日 (火)

速やかに再審開始を。

 2012年12月20日、北陵クリニック事件の再審請求審の第三回目の三者協議が行...

» 続きを読む

2013年1月 2日 (水)

土橋鑑定は証拠・証明能力もないことが明らかになりました(概略)

土橋鑑定について内容を検討した結果 土橋鑑定は証拠能力も証明能力もないことが明ら...

» 続きを読む

2012年12月31日 (月)

第3回再審準備協議において有罪の決めてが覆った。

以前掲載した、「ベクロニウムの分子量は、557.82で、m/z279(分子イオン...

» 続きを読む

2012年12月26日 (水)

裁判官はここでも間違った判決文を。

判決文では、薬剤管理の状況を次のように言っております。 判決文P27 ・・・・・...

» 続きを読む

2012年12月21日 (金)

証拠隠滅と偽証を行ったのでは 鑑定資料全量消費の矛盾(4)

土橋吏員は、仙台地裁の法廷で、偽証を行ったことが、明らかになったと推認されること...

» 続きを読む

2012年12月19日 (水)

ベクロニウムの分子量は、557.82で、m/z279(分子イオンにプロトンが付加した2価イオン)のイオンであります。

この事件で有罪とされた唯一の証拠とされる大阪府警察本部科学捜査研究所で検出された...

» 続きを読む

2012年11月 8日 (木)

守大助さんはどの様にして自白させられたか。(5)

 私の言い分が聞いてもらえない状況が続き、勘弁して欲しいなと思うようになりました...

» 続きを読む

2012年11月 1日 (木)

大阪府警の土橋鑑定は証拠能力も証明力もない。

これは、最高裁に提出した上告趣意書を、編集したものです。 http://home...

» 続きを読む

2012年10月20日 (土)

筋弛緩剤(マスキュラックス)の分子量

筋弛緩剤マスキュラックス(臭化ベクロニウム)の分子量は 分子式  C(炭素)34...

» 続きを読む

守大助さんの再審無罪を実現するために。

私は、この事件が、冤罪だと確信してから、8年になります。 仙台地検の論告要旨と仙...

» 続きを読む

2012年10月17日 (水)

守大助さんはどの様にして自白させられたか(4)

6 ② 虚偽の自白へ  私は、ポリグラフ検査後、朝に来た時の部屋に戻りました。 ...

» 続きを読む

2012年9月30日 (日)

拷問、自白について。(日本国憲法の条文)

日本国憲法(抜粋) 第三七条【刑事被告人の権利】 1 すべて刑事事件においては、...

» 続きを読む

守大助さんは、どの様にして自白させられたか。(3)

駐車場の所に、もう一人の男性がまっていました。私を四人で前後左右をダイヤ型の囲む...

» 続きを読む

2012年9月23日 (日)

守大助さんは、どの様にして自白させられたか(2)

① 平成13年1月6日朝からポリグラフ検査まで  私は、結婚を前提に北陵クリニッ...

» 続きを読む

2012年9月22日 (土)

再審請求書の要点(3)

 守大助さんは、平成13年1月6日、任意同行で宮城県警本部の地下にある取調室に連...

» 続きを読む

再審請求書の要点(2)

第二の要点は、守大助さんが、逮捕される第一の事件は、「A子ちゃんの点滴にマスキュ...

» 続きを読む

2012年9月20日 (木)

再審開始を、仙台地裁が決定するために。

現在、再審開始決定を求める要請書を。全国の守る会・支援する会に呼びかけて、国民の...

» 続きを読む

2012年9月17日 (月)

再審請求書の要点(1)

まず最初に、この事件はこれまでのえん罪事件と大きく違うところは、事件は無かったと...

» 続きを読む

2012年9月16日 (日)

マスキュラックス(医薬品インタビューフォームより)

2011年4月(改訂第7版)より Ⅶ. 薬物動態に関する項目 5.代 謝 (1)...

» 続きを読む

2012年9月15日 (土)

宮城県警科捜研で、マスキュラックスの鑑定を行っていたのではないか。

仙台地裁判決文230ページ       ...

» 続きを読む

2012年9月12日 (水)

第2回再審準備協議開催される

去る8月28日、第2回再審準備協議開催されましたが、次回は12月20日とは約3ヶ...

» 続きを読む

2012年9月11日 (火)

太陽は条件が変われば西から昇る(仙台高裁判決文より)

私は、仙台高裁に提出した弁護団の控訴趣意書を読み返して、大阪府警科捜研の土橋鑑定...

» 続きを読む

2012年8月29日 (水)

大阪府警科捜研の土橋吏員は証拠隠滅と偽証では。

大阪府警科捜研土橋吏員は、法廷において偽証を行ったのではないでしょうか。 同時に...

» 続きを読む

2012年8月23日 (木)

守大助さんが、どの様にして自白させられたか(1)

最近無実が確定した、足利事件の菅谷さん、布川事件の杉山さん、桜井さん等えん罪事件...

» 続きを読む

2012年8月22日 (水)

私の友人が去る6月、山で遭難しました。

6月アラスカのマッキンリーで遭難に遭いました。雪崩がおこりクレパスにとじこめられ...

» 続きを読む

「再審請求書」について

再審請求書の中で、次の三点について裁判所が判決をした事実と明らかに間違って居るこ...

» 続きを読む

2012年7月20日 (金)

北陵クリニック事件を理解するために

http://www.youtube.com/watch?v=y4my40_kQ_g&feature=player_embedded

» 続きを読む

2012年7月15日 (日)

再審請求書を読んでいて

ブログを作成して一番悩んでいることは、いかに短い文章で皆様に伝え、理解してもらう...

» 続きを読む

2012年7月13日 (金)

マスキュラックスとは

なぜマスキュラックスが溶解されガラスアンプルに入っていないで、使用する場合添付の...

» 続きを読む

2012年6月22日 (金)

医療廃棄物の分別区分を知らない検察官と裁判官

検察の論告要旨P218 ・・・・更に、そもそも、針箱は、使用済みの針やメスの刃等...

» 続きを読む

2012年5月23日 (水)

再審について(弁護団、仙台地裁、仙台地検の三者協議がありました。)

去る2月10日弁護団が再審請求書を、仙台地方裁判所に提出しました。 5月22日、...

» 続きを読む

2011年10月26日 (水)

「真実のカルテ」の真実とは?(6)

「真実のカルテ」P210  郁子医師が病室に戻ってきた時には、Nちゃんは死の一歩...

» 続きを読む

2011年7月13日 (水)

鑑定は、本当に大阪府警察本部刑事部科学捜査研究所が行ったのでしょうか。

この事件で、宮城県警察本部長が鑑定嘱託した鑑定は、大阪府警察本部刑事部科学捜査研...

» 続きを読む

2011年1月30日 (日)

北陵クリニック事件関係リンク

北陵クリニック事件を理解する上で参考になると思われる掲載内容を紹介いたします。 ...

» 続きを読む

2010年11月27日 (土)

半田郁子医師を知るうえで。

国立情報学研究所が行っているサービスから検索して見つけました。 http://c...

» 続きを読む

2010年10月 4日 (月)

「真実のカルテ」の真実とは?(5)

真実のカルテP28 ・・・・・正直いって私は、気管内挿管の経験がない。なぜか、そ...

» 続きを読む

2010年9月30日 (木)

裁判官は、矛盾した判決文で有罪にしていた。

先日、ブログに「証拠隠滅と偽証では。」を掲載した後、誤字脱字等を調べているうちの...

» 続きを読む

2010年4月18日 (日)

「真実のカルテ」の真実とは?(4)

「真実のカルテ」P115 11,暗転 平成十二年(2000)年十二月四日 P11...

» 続きを読む

«「真実のカルテ」の真実とは?(3)